アイフォン水没修理,ガラス修理,電池交換,故障,ガラス交換,iphone

沖縄iPhone修理専門店アイフォンドック石垣島店

自己修理失敗

iPhone修理は簡単?ネジさえ機能に影響を及ぼしているものも!

画像の説明

近頃アイフォンパーツの値段は下がり、Apple公式修理・非公式修理店に出す他に、自分で直すという選択肢が増えました。修理ついでにカスタマイズと考えられる方も多く、修理店ならパーツの在庫に縛られていたカラーや材質の選択肢も、ご自分で直すことで広がります。

インターネットでも修理工程を紹介しているサイトは数多く有り、パーツ販売店も、作業手順書を付けてくれる所がほとんどです。手先が器用な方ならば、すんなり作業を終えられてしまうでしょう。

しかし、分解・組立なら簡単かもしれませんが、問題はきちんと動作するかどうかです。

画像の説明

iPhoneは精密機器であり、基板側のソケットの配置やパーツにつくクッション、ケーブルの形状等、何をとっても無駄がありません。

その無駄のなさが、自己修理の面から見ればこわい部分になります。

どのネジがついていなくても問題ないものなのか、機能に影響しているものなのか。どの端子が抜けていると動かないのか。どこが脆い部分なのか……

いくら言葉や写真で丁寧に説明があったとしても、足りない部分や説明できない部分もあります。それは手の感覚であったり、ネジの締め具合であったり、多くは自分の感覚でしか正解がわからないものです。
その説明が足りなかったり出来なかったりするせいで、せっかくのパーツを壊してしまうこともあります。

自分で修理される場所として多いのがフロントパネルです。多くのパーツが液晶・デジタイザ・ガラス部分が一体になっているもので、パーツ上部から液晶端子・デジタイザ端子の2本のケーブルがのびている形状です。

1つがデジタイザ(タッチパネル)で、この端子が非常にやわらかく、取り付けの際に切ってしまいやすい部分となっています。

デジタイザがなくても起動だけはできるので、この状態で立ち上がると、画面はついてもタッチが反応しません。

これではせっかく買ったパーツが無駄になってしまいます。まだパーツの破損ならいいですが、基板側のソケットの破損ですと取り返しがつきません。

分解はApple公式修理サービスの対象から外れてしまう理由の一つですので、もし壊してしまえば、買い替えしか方法はなくなってしまいます。

iPhoneDock では、不具合を始め組立代行も行なっております。
•途中まで分解したが、その先がわからない。戻すこともできない。
•組み立てたが不具合が生じる。どこが悪いのか調べて欲しい。
•パーツを壊してしまった。代わりのパーツで組み立て欲しい。
などなど……出来る限りお客様のご要望にお答えいたします。

自己分解の修理は、他の箇所の修理と料金形態が変わってきます。
お客様によって、故障内容や依頼内容がだいぶ変わってくると思います。修理箇所の数によっては割引もできますので、まずは一度お問い合わせくださいませ。

※持ち込まれたパーツ・一度分解されたiPhoneに関して、こちらでも点検はしますが、動作保証はできません。あらかじめご了承ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional