アイフォン水没修理,ガラス修理,電池交換,故障,ガラス交換,iphone

沖縄iPhone修理専門店アイフォンドック石垣島店

水没修理

画像の説明

iPhoneは水に弱い!お客様のご都合に合わせた修理内容

近頃はiPhoneの防水用ケースも発売され、更にはiPhoneの防水加工を行う業者も出来始めました。どんな場所でもiPhoneを手放さないよう、あらゆる手段が増えてきています。

近頃はiPhoneの防水用ケースも発売され、更にはiPhoneの防水加工を行う業者も出来始めました。どんな場所でもiPhoneを手放さないよう、あらゆる手段が増えてきています。

画像の説明

水没をしてしまった場合、データを取り出す以外で分解修理をするメリットはあまりありません。
前述の通り、どれだけ完璧に修理したとしても、水没させてしまった時点でその後壊れやすい状況には変わりないからです。
加えてこういった非公式業者で修理してしまえば、Appleでの本体交換修理は受けられなくなってしまいます。
そのため、もし修理後に端末が故障してしまい、それが基板故障※1であれば、機種変更以外の選択肢がなくなってしまいます。
※1 基板故障は通常直すことの難しい重度障害となり、直す場合も高額になる上に再発の可能性があるので、データ取出し目的以外では修理するメリットは薄い場合が多いです。

画像の説明

多くの方が携帯電話2年間にて契約されており、その間解約や機種変更をすればそれなりの費用が発生してしまいます。
Appleでも有償修理の場合は約1万4千円から約2万8千円の費用がかかってしまう他、新品相当品との交換であるため、データは一度消えてしまいます。
ただ本体交換修理をすれば、水没の影響によって壊れやすいという状況は改善されるので、確実に長く使用できます。
もし修理をご検討されている方は、Apple・キャリアでの機種変更・そしてアイフォンドクターを始めとする非公式業者での修理のメリットデメリットをご理解された上で、今後どのようにするのかをご選択いただければ幸いです。
iPhoneDocK(アイフォンドック)での水没修理は、まず本体基板の腐食や錆、水分を薬品で洗浄いたします。
ひとまず電源をつけてみて確認できた故障箇所も、水気があることによって起きていただけという可能性もあります。
この内部クリーニング作業後に動作確認を行い、故障箇所をあぶり出していく形になります。

画像の説明

また、iPhoneのバッテリーは本体の中に裸で取り付けられているため、ダメージを受けやすいパーツとなっています。
内部クリーニングとバッテリー交換は、水没後長く使うためには必須事項となってくるでしょう。

しかし水没・浸水だと、本体腐食により修理できる箇所・できない箇所が出てくることもあります。
例えば、カメラは基板本体の故障で修理できないけれども、それ以外は直せるという状況もあり得ます。

お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案

また修理はできるがあまりにも項目が多く、お見積もりが高額になってしまうことも。

こういった場合、お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案させて頂きます。データだけどうしても取り出したいという場合、例え画面がつかなくてもPCに認識できる状態まで修理できたら、その時点で修理作業をやめるということも可能です。

ご予算以上の見積もりになってしまったときや、大切な機能が使えなくなってしまったときは、修理をしないでそのまま返却することもできます。

お客様のご都合・ご予算に合わせての修理をご提案しますので、ご要望などありましたら受付の際にお気軽にお声かけ下さい。(例えばデータだけ引き出す最悪の場合はバッテリー交換とDockコネクタ交換が必要となってきます。)

※クリーニング作業はお見積もりを出すために必要な作業となります。
※その場合の作業費は修理不可・ご依頼キャンセル時も発生致します。予めご了承くださいませ。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional